婚活写真

婚活で結婚相談所やマッチングアプリなどを利用する際にご自身の写真を掲載することになります。その写真に関して、どのような写真がいいとお考えでしょうか。中には盛ったお写真を使いたいという方、加工したお写真を使いたいという方、普段通りの写真を使いたいという方などお考えは様々あると思いますが、そのそれぞれでメリットとデメリットについてご紹介します。

盛った(加工した)お写真を使う

盛った写真
盛った写真を使う事は今では常識になりつつありますが・・・

盛ったお写真とは、撮影した写真をそのまま使うのではなく、加工アプリなどで美肌にしたり眼を大きくしたりしたお写真のことです。とても見栄えがよくなることもあり、最近は幅広い年代において使う事が常識という認識を持った人が急増しています。

メリット

盛った写真を使うメリットはインパクトでしょう。婚活でお相手探しをする方の90%以上が、お相手のお写真から入ります。人は見た目ではないとは言われていますが、ここをどれだけ良くないと指摘しても現実問題としてお相手のことを何も知らない状況では第一印象から入らざるを得ないのです。

その第一印象を華やかに見せる効果があります。肌の色を白く見せる盛りは完全に本人からかけ離れます。一方で、ほくろやシミなどを消すだけの加工は昔からよくある手法で、そこまで本人とかけ離れてはいません。

デメリット

まず実際にあった時にマイナス方向のギャップを相手に与えます。第一印象から入る出会いでは、その第一印象が良くて、実際に会いうと第一印象と違うことから結果的に断られます。これはお断りを受けるタイミングを後にずらしただけで、結果は変わりません。

中には会ってお話すれば盛り返せるという方もいますが、第一印象(見た目)から入った流れでは正直、盛り返すのは難しいことが多いようです。

普段通りのお写真を使う

普段通り
普段通りの写真を使うと一番リアルな姿を見てもらえそうですが・・・

スナップ写真や、いつも通りの服装で撮った写真を使う方も少なくありません。その写真のメリットデメリットについても見ていきましょう。

メリット

普段通りの写真ですので、実際に会えた方に対してマイナス方向のギャップを与えることは少ないようです。ありのままの姿を見て会ってみたいと思っているお相手なので、会ってから印象が悪くなるという事は少ないのだと思います。

デメリット

普段通りの写真で一番問題になるのは明るさです。プロが撮影する写真と、素人の撮影する写真の大きな違いは光量です。プロが撮影した写真は圧倒的に明るいので、その中に素人が撮影した写真が並ぶと暗く感じます。

また肌の色がプロが撮影した写真は比較的白く映るのに対して、素人が撮影した写真では色黒に見えてしまいます。また、ご自身で撮った写真(所謂、自撮り写真)では、更にその印象は悪くなりがちです。言葉を選ばずに印象をお伝えすると、わずか数千円を出し惜しんでいる感が出てしまいます。

中には自動車の中や場所を選ばずに撮影した写真も混在しており、お相手からすると本気で婚活する人がこういうことするの?という印象を与えるようです。

写真館(プロ)が撮影した写真を使う

プロのカメラマンや写真スタジオの撮影は少しハードルが高そうですが・・・

メリット

プロが撮影する写真は、第三者が客観的にいいと思った写真を選んでくれる点です。毎日、鏡で見ている自分はどんなに見方が変わっても自分ですので慣れや好みが出ます。しかし、第三者がいいと思う写真は客観的にいいと思う写真を選んでくれているので、周囲の意見に近いとも言えます。

デメリット

プロに依頼すると費用が必ず発生します。撮影枚数などにもよりますが1万円近くの費用が掛かることも少なくありません。しかし、一番重要なのはお金を掛けない事なのかという点です。通常の場合、婚活をする最大の目的は理想のお相手と結婚することだと言われています。

費用を抑えることが先になり過ぎて、理想のお相手と出会うキッカケが無くなってしまったり、悪印象を与えてしまっては本末転倒ではないのかとも感じてしまいます。

最後に

結ぶ-婚活 Fukuokaでは、どううしても費用をかけたくないということであれば、せめて携帯で自撮りするのではなく、弊社スタッフに撮影のお手伝いをさせてください。

お客様にとって一番良いことをお手伝いさせて頂くことが結ぶ-婚活 Fukuokaの理想です。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です